株式会社 竹屋旅館

4240816 静岡県静岡市清水区真砂町3-27

TEL  054-366-7101 FAX 054-363-1231

MAIL  reservation@hotelquest.co.jp

「ここにしかない」を創ることを使命とし

​いつも「他楽の精神」をもって行動できる、

そんな会社を目指しています

私たちが最も大切にしていること

 働くことの意味とは何でしょうか。働くことの語源は「ほか(他)」を「らく(楽)」にすることと言われています。

「他」を「楽」にすること。「他」とは、お客様はもちろん、スタッフや業者さん、地域の方々など、いわゆるステークホルダー全てを指します。「楽」とは、らくにさせてあげること。そして何よりたのしませること。
  周囲の方々に幸せを与えられることこそ、働くことの何よりの醍醐味だと、私達は強く信じています。

ミッション

「ここにしかない」を資産に変え、地域の魅力を革新し、人々の豊かな生き方に貢献する。

​行動指針

私たちはどんなときも「他楽の精神」と「進取の精神」をもって行動します。

代表メッセージ

「もっと清水らしさを大切にしていたら、この街の風景はどうなっていたであろうか。」
現在の町並みを眺めながら、ふとそう思うことがあります。豊かな緑、美しい駿河湾、そして富士の霊峰を望むこの街の風景はかつて多くの人々を魅了してきました。私達は清水に生まれ、街と共に歩んだホテルとして、この街の魅力を発信する義務があると思うのです。

私たちは創業70年、その思いを変えず、歩んで参りました。

いま、世の中にはたくさんのホテルがあり、たくさんのサービスがあります。

「いつでも、どこでも、誰にでも」提供できることを前提としたサービスは、たくさんの価値を提供してきました。一方で、今、見直されているおもてなしは、「今だけ、ここだけ、あなただけ」とお客様に感じていただくこと。サービスとは全く反対の考え方です。

私たちが目指すのは「おもてなし」それは、お客様にとっても、この地域にとっても、そして働く人にとっても同じです。あなただけがもつ魅力、あなただけがもつ「他楽」の気持ちが、ここにしかないホテルを、ここにしかない街を創っていくはずです。

「この街に、このホテルがあってよかった。」そんな風に言っていただけるようなおもてなし溢れるホテルを目指して、これからも日々精進してまいります。

​代表取締役社長  竹内佑騎

取締役会長 竹内 滋  

昭和29年生まれ 清水東高、慶応義塾大学商学部卒
大学卒業と同時に家業である㈱竹屋旅館に入社。社長就任当時から「これから生き残っていくにはホテル業しかない」と思い続け、平成6年に現在のホテルクエスト清水へ全面新築。

代表取締役社長 竹内 佑騎

昭和57年12月生まれ 清水東高、大阪大学経済学部、早稲田大学MBA卒

大学卒業後、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)を経て、㈱竹屋旅館に入社。創業者である竹内ぎんの言葉「観光業はその地と共に育つ」の教えに強く影響を受ける。2008年からのホテルクエスト清水の全面改装を担当。2015年より現職。

2017年にはホテルクエストの健康食事業を拡げていくため、医師や歯科医師、栄養士、調理師ら専門家と共に(一社)日本医食促進協会を設立、代表理事に就任。

2018年には竹屋旅館の一部門としてスタートしたIOT音声ガイド事業を分社化し㈱Otonoを設立、代表取締役副社長に就任。

事業内容 ホテル運営事業

     健康食Medichef事業

​     IOT観光音声事業

本社 静岡市清水区真砂町3-27

​   (ホテルクエスト清水)

経済産業省

​ジャパンヘルスケアビジネスコンテスト2016

​Trip Adviser エクセレンス認証

がんばる中小企業300社

経済産業省

​地域未来牽引企業認定

楽天トラベルアワード

おもてなし企画認証

​金認証

​Booking.com Award

人にやさしい地域の宿づくり賞

ふじのくに食の都づくり貢献賞

当社は女性が出産前後も多くの部署でその能力を発揮し、キャリア形成できるよう働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  【計画期間】  平成28年6月 1 日~平成30 年 5月 31 日までの 2年間

羽衣まつり.JPG